矯正治療とは

菌と虫歯

矯正歯科では、基本的に不正咬合、出っ歯、乱ぐい歯、八重歯、受け口などのかみ合わせの悪い歯並びを治療しています。歯のかみ合わせが悪いことは、体の歪みや体調不良に繋がります。矯正歯科での治療は、単に美しい歯並びにするという見た目的な部分だけでなく、健康的にも重要な医療行為として考えられています。 矯正歯科の治療には、インプラントやホワイトニングも含まれています。インプラントとは、歯が抜けたときにチタン製の器具を利用して、人工の歯を取り付けることです。今までは、歯の喪失の補助は入れ歯で行われてきました。しかし、入れ歯の場合は洗浄が必要であったり、使っている間に取れてしまうデメリットがありました。インプラントには、そういった問題点がないため、今後はインプラントの利用者が増加すると予想されます。

通常の矯正歯科の治療では、器具を歯に付けたままになるため、歯磨きと食事に注意が必要となります。治療期間中は、歯が磨きにくくなっているため、どうしても虫歯になってしまうことがあります。虫歯になってしまうと、一度器具を取り外して虫歯を完治させなければいけません。そうなると、治療期間が長引いてしまうので、虫歯にならないようにいつもより時間をかけて丁寧に歯磨きをするように注意しなくてはいけません。また、治療期間中の食事では、絡まりやすいものや粘着性のあるものは避けた方が良いです。食事中に器具の間に食べ物が挟まってしまうことがあります。器具にくっついてしまうと取るのも難しく、取れない場合は、一度器具を外す必要が出てくるので注意が必要です。

オススメリンク